救急外来で働く看護師の仕事

12月以降、年収UPにつながる看護師の求人はどんどん増えていきます。特に冬のボーナス支給後から徐々に転職活動を始める方が増えます。転職活動を始めてから、入職まで平均で2?3ヶ月かかると言われていますので、4月転職を考えている方にとってはスタートダッシュにふさわしい季節といえるでしょう。ハローワークに登録するのも一つの方法ですが、ハローワークは多くの業種を扱っている分、求人票に記載通りの情報しか分かりません。それに対して転職サイトでは、就業先の人間関係や雰囲気、産休や有給の取得実績、定着率などの最新情報を知ることができます。給与や賞与などの待遇や勤務の実態についての現場の生の情報を得る事ができるのは、優良な看護師専門の転職サイトだけとよいでしょう。以下、利用者の満足度の高い転職サイトbest5を挙げています。転職サイト選びの参考にしていただければ幸いです。

◯ 救急外来で働く看護師の仕事
救急外来では夜中に突然具合が悪くなった人、交通事故で運ばれてきた人など、症状は様々です。そこで働く救急外来の看護師は、患者さんの状態を見てすぐに的確に判断し、重症度をはかり行動します。緊急時は医師がいない状態の時もあるため、看護師の判断で出来る範囲の救急処置を実施し、医師が必要とする薬剤・物品を予測してあらかじめ準備しておくことも必要です。それを実施するためには、的確な処置を瞬時に判断できる能力と、判断するための多くの知識が求められます。

どのような状況で事故が発生したのか、容態が変化する前はどのような状況だったのか、既往歴はあるのか、その患者を診察・治療する上で必要な情報を家族から聴取します。突然のことで、動揺している家族から状況を聴取することは大変でもありますが、その必要性を説明し聞き取ることは、治療を進めていく上では大切なことであり、看護師の重要な仕事の1つです。
さらに、気道確保・血管確保、採血、酸素投与など様々な救急処置と並行して、情報収集などは同時進行で進めていかなければなりません。その情報が、救急処置を行う上で重要な項目であることもあるため、救急外来での看護師の役割は非常に大きいです。

また患者さんや家族は、医療用語などを聞いてもよく分からないため、説明するときは医療用語はなるべく使わず、わかりやすい言葉で話すことが必要です。説明するためには多くの知識があって出来ることでもあり、いろいろな分野に対する豊富な知識が看護師には求められます。さらに看護師が焦っている様子を見せては不安感を煽るだけですから、常に落ち着いた態度で接する必要があるので救急外来の看護師には落ち着きも必要になってきます。

◯ 転職を考えた理由と転職の流れ

看護師の業務は大変です。そのため転職活動を楽にしたいと考えている看護師は多いはず。日々の業務の忙しさから転職活動をしている余裕が無かったり、転職のやり方がよく分からないという方とって、インターネット上から気軽に利用できる大手の看護師専門の転職支援サービスを活用しない手はありません。どんなに忙しくても転職サイトのコンサルタントに必要な求人情報の収集、応募、面接の日程調整、給与や待遇などの条件交渉を代行してもらえます。その他、転職に関する疑問や悩みを相談できます。

あるアンケート調査では転職を考えた事があると答えた看護師は84.5%にも上りました。実際に看護師は毎年、10人に1人は離職する職業ですから、転職もごく普通に行われています。転職を考えた理由として多いものは以下の通りです。

・業務の忙しさ
・休暇が取りにくい
・給与が安い
・上司・先輩との人間関係
・同僚・後輩との人間関係
・ドクターとの人間関係
・スキルアップしたい
・他の分野に携わりたい
・結婚、出産、育児

実際の転職の流れは、まず「なぜ転職をするのか」をしっかりと考えて転職の理由を明確に語れるようにします。次にキャリアを整理していきます。これまで携わっていた業務やそこで身につけた知識、技術を書き出しましょう。そして、転職先のイメージをしっかりと考えて、希望する条件、待遇に優先順位をつけてメモしておきます。その後、転職サイトの担当のコンサルタントにしっかりと希望する転職サイトの担当コンサルタントに伝えます。応募、面接、内定までコンサルタントと連絡を取り合う事になるでしょう。退職には通常2~3ヶ月かかりますので、しっかりと業務の引き継ぎを行います。いつ、どこへ誰を訪れたらよいのかを事前に確認しておきましょう。

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_m